top of page
  • 執筆者の写真ピットプル

レンタルガレージを東京でやる

なぜ今レンタルガレージをやるのか?

レンタルガレージを始める理由を解説していきます。

​この記事を書いた人

自動車整備歴20年 バイク、自家用車、トラックなどタイヤが付く物なら何でも直して来た

車を始め色々な趣味などで人生を楽しみたい人達と溜まれる場所を作る為に

レンタルガレージを開業します。


車の維持費の増加

車の故障は減ったものの維持費は増加しています。

単純に燃料費やエンジンオイルなどの油脂類、部品代、タイヤ代なども上がっています。

海外製品が入ってきてインターネットで安いパーツは購入出来ますが

純正品と比べると精度は落ちるので難しい所。

工賃に関しても、自動車整備業界も人手不足で、給料面などを改善するには

売り上げが上がらないと給料に反映出来ないので、工賃も上げざるおえません。



車の楽しさを伝えたい

車を所有するのは今の時代はリスクと言う人もいます。

車には年間で色々な税金や保険、燃料費さらに駐車場代など出費は多いです。

それを、ただの移動手段として使っているだけではもったいない!

車を直せないとか、どうしたら良いか分からない

整備士の僕も分かりませんでした。

専門学校を出て就職しても分からない事だらけで、辛い時期もありました。

出来る事が増えて来ると車がさらに好きになりました。



節約の為ではなく、純粋に楽しみたい

車の修理費用は大体高額です。

良く言われるのが

「簡単な作業だから工賃安いっしょ?」

「何やっても工賃取られちゃうよ」

確かに車の修理には部品代+工賃が基本です。

車検も一緒で、基本点検料+部品+保険、税金、手数料です。

自分でやってみると意外と出来たり、興味が湧いてきます。

難しそうだから出来ないではなく、やる環境がないだけです。




整備士がいれば安心

例えば、やる場所があり、道具があり、教えてくれる人がいたら出来ますよね?

車って思ったより簡単で、やってみると出来たり

やりたかったけど諦めてた事も意外に簡単だったりします。

僕もまだまだ分からない事だらけなので、一緒に経験して楽しめたらと

思いレンタルガレージを始めてみました。



長年の経験より業界の繋がり

正直、車の業界は複雑で色々な分野によって分業されています。

整備士は板金をやらない

板金は整備士免許いらない

普通乗用車、外車、トラックなど結構分かれてたりする。

僕は技術力はイマイチですが横の繋がりが強いです。

技術はやれば身に付きますが、横の繋がりは長年の積み重ねです。




車業界は厳しい

どこの業界もですが、高齢化と人手不足は深刻で

修理や車検も予約して入庫待ちや飛び込みを拒否されたりします。

昔は残業して車検を夜までやって、納車を間に合わせる事をやっていましたが

現在は残業や長時間作業はあまりやりません。

この状況は改善するとは思えません。


何を信用するか?

排ガスの不正問題や整備の不良など色々な事がありますが

車の業界って見えにくい業界なので、何を信用するか分からないですよね。

SNSやYouTubeで色々な方が色々な事を言われてますが

自分で経験して見た物って1番信用出来ると思います。

それにはやってみる事が大事で、やってみる事で色々な事が分かります。



気兼ねなく話せる仲間

長年整備士をやって来て、整備士とお客様は相棒だと思っています。

色々なお客様とお仕事させて頂きました

「時間がないからさっさとやってくれない?」

「金払ってやったんだからコレぐらいサービスしろよ!」

たまに言われる事ですが、平等な関係ではないですよね。

10年以上のお付き合いがあり

車も2台目になっても、お互いのスケジュールや金額なども考慮しながら

電話で冗談混じりの話をしながら笑って仕事が出来る仲間を

増やして行きたいなと思っております。



まとめ

レンタルガレージを始めようと思ったのはお客様からの一言でした

僕自身も家の前では車イジれないし

仕事が終わった後に自分の車を直したりしていました。

「工具と場所さえあればなぁ」っと言うのが始まりです。

ぜひ当レンタルガレージご利用して見てください

(まだ物件決まってませんが・・)


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page